テレビを見て知ったスゴイ技、お得な情報を忘備録的にまとめています

その他

写真で端だと太って写る!理由と対策・細く写る方法【初耳学】

投稿日:

5719b6c503552821b6ec48f2eefb60a5_s

2016年10月16日放送の”林先生が驚く初耳学”で
太って写らない写真術」が紹介されました。

写真うつりって、とっても気になりますよね。
記録に残るものだけに、少しでも綺麗に写りたいものです。

それなのに、スマートフォンで取った写真が
実際よりも明らかに太って見える

そんな経験ありませんか?

実は、スマホやデジカメで取った写真。
端の方にいると明らかに太って写るのだそう。

今回は、その理由と対策が紹介されました

また、痩せて写るテクニックについても調べてみましたので、
参考にしてみてください。

端の人物が太って写る理由

最近のスマートフォンや、デジカメで写真を取ると
端の人がぐっと伸びて太って写る現象。

この原因は「広角レンズ」を使用しているため。

広角レンズは、普通の人間の目が見える範囲よりも
広い範囲が写る特殊なレンズ。

便利な反面、近くを移すと外側が伸びてしまいます。
その結果、端の人物は約2割も太って写るそうです。

koukaku
via http://www.isok.jp/scitech/visual/fat.htm
↑明らかに端が太く写っています

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

外側を伸びないようにする写真の撮り方

解決策は人物とカメラの位置がポイントとなります。

レンズ歪み改善法
①人物とカメラの距離を離す
②ズーム機能を使って撮影

人物から離れてズーム機能を使うことで、
広角レンズの歪んだ部分を外すことができます。

ポイントは、画面の中心から60%の枠内に人物を入れること。
この範囲なら歪みの影響を受けないそうです。

60

ズーム機能を使用すると、画質は多少荒れてしまいますが、
最近はさまざまな補正をかけられるので、
簡単に美しい仕上がりにすることができますね。

痩せて写るテクニック

写真写りがよくなるように、
細く見える写り方を調べてみました。

二重あごを防ぐ
あごを引きすぎると、二重あごになるので注意。

舌の位置を上あごにつけ、奥歯を浮かせて、
噛み締めないように意識すると、あごが細く写ります。

真正面で写らない
モデルの写真などでは、必ず体をひねっています。

カメラに対して、すこし体を斜めに向け
どちらかの骨盤を高くすると細く見えます。

腕を体につけない
脇を締めて、腕を体につけると
二の腕の太さが強調されてしまいます。

両肩を後ろにひき、肩甲骨をよせて
少し体から腕を離すようにしましょう。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

腰に手をあてるポーズ
腰に手をあてると、ウエストが強調されて見えます。
モデルがよくしているポーズですね。

腕も自然と折り曲がり、細くみえます。

また、お腹周りが気になる人は
胸の下で腕を組み、ウエストラインを隠しましょう。

足を曲げる
まっすぐに立つより、足を自然に曲げるほうが
足が長く写ります。

斜めを向いたり、足を曲げるのが不自然な場合は、
足をぴったりくっつけるのではなく、すこし開き気味にしましょう。

太ももの間に隙間があるほうが、細くみえるのです。

集合写真は少し後ろに下がって
両隣の人より少し後ろに下がって写ることで
遠近法の効果で細く見えます。

また、写真をとる人が広角レンズの写り方を
意識していないことがありますので、
やはりセンターで写るのがよいです。

まとめ

・広角レンズは端が歪んで写る
・アップで撮る場合は、離れてズームを利用
・画面の中心から60%以内に人物をおさめる

知らない間に太って撮られていたなんで…
ちょっとショックですよね。

今回知ったテクニックを使うのもいいですが、
恥ずかしからずに真ん中で写るようにしましょう(笑)

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

-その他
-, , ,

Copyright© TVで知ったスゴワザ情報【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.