テレビを見て知ったスゴイ技、お得な情報を忘備録的にまとめています

健康

ダイエットで肝臓に負担?恐ろしい障害のリスクに注意!【ガッテン】

投稿日:

9dba7b20f8d4861236f1350f65af0730_s

2016年10月12日の”ガッテン”は
まさか!ダイエットが引き起こす肝臓の悲劇」が放送されました。

健康や美容のために頑張っているダイエットが
肝臓にとんでもない障害を引き起こすという驚きの事実がわかったそうです。

番組で調べたダイエット成功者の25人中、
11人が肝臓がパンパンの状態。

そのうちの3人は深刻な状況というからビックリです。

肝臓がパンパンの状態とは、つまり脂肪肝。
脂肪肝を放っておくと、肝硬変や肝臓がんなどの肝臓障害にも

なぜダイエットしているのに、脂肪肝になる人がいるのでしょう

その理由と、改善方法について知ることができました。
忘れないように忘備録としてまとめました。

ダイエットしているのに脂肪肝な理由

ダイエットの成功者のうち、どんな人に脂肪肝が見つかったのか。
それはダイエットとリバウンドを繰り返した人たちでした。

これらの人に共通していたのが、急激な体重の変化

ではなぜ、急激に体重が変化すると脂肪肝になるのか。
それは肝臓が血液中の脂肪の量を一定にするという働きにありました。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

肝臓の働き

肝臓はアルコールや乳酸の解毒作用や
栄養の加工・貯蔵機能など、500もの働きをしている臓器です。

その働きの一つが脂肪の取り込みと排出。
この働きによって血液中の脂肪が一定に保たれているそうです。

リバウンドの恐怖

ダイエットをすると体内の脂肪が分解され、
一時的に血液中の脂肪が増えます。

そうすると肝臓は血液中の脂肪を減らそうと
自ら脂肪を蓄えるそうです。

この後がポイント。

ダイエットに成功し、そのまま適切な食事や運動を続けられれば
肝臓は不要な脂肪を排出していきます。

しかし、ダイエットに成功した安心感から
また、食事を摂りすぎてしまってリバウンドをしてしまったら…

脂肪を蓄えた肝臓まま、
さらに血液中に脂肪を送り込んでしまっていることになるのです。

ダイエットで脂肪を取り込み、その後のリバウンドでまた脂肪を取り込む

こうして脂肪肝になっていく、という仕組みなのだそうです。

血糖値にも注意が必要

肝臓は糖の貯蔵庫でもあるそうですが、
脂肪肝になると、この糖を蓄える仕組みが働きません。

食事をすると、肝臓が糖を一時的に蓄えてくれます。
このおかげで、血液中の糖の量は一定に保たれています。

しかし脂肪肝の場合。
脂肪でいっぱいになった肝臓は、糖を貯める余裕がないのです。

その結果、血液中に糖があふれて、高血糖に。
そして、糖尿病へと進んでいってしまうのです。

かくれ糖尿病

食事前の血糖値は正常でも、食事をとることによって
血糖値が急激に上がってしまう人は要注意。

これは隠れ糖尿病の状態で、注意が必要。
脂肪肝の人に多いそうです。

健康診断の血液検査で、肝臓の数値ALTが40を超えたら要注意

自覚症状はほとんどありませんが、
年月をかけて肝硬変、肝臓ガンになっていく可能性があるそうです。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

脂肪肝を改善するには

脂肪肝を改善するにはどうすればよいのでしょうか?

実は、肝臓という臓器には、すごい再生能力があります

半分ぐらい切り取っても3ヶ月後には、
ほぼ完全に再生する能力があるというから驚き。

適切な食事と運動、生活習慣で改善することができます

①ご飯を減らしすぎず、お茶碗に小盛りにする
②1日30分ぐらいのウォーキングをする
③夜ふかしせず、十分な睡眠をとる

食事の量は少し減らすだけで十分。
特定の食べ物にかけるのは厳禁です。

運動はウォーキングなら1日30分でOK。
早歩きだと効果も大きくなります。

夜遅くの食事は要注意。
夜更かしはせず、睡眠は最低1日6時間とりましょう。

急激な体重変化を避けて、
1ヶ月で2~3kgぐらいのダイエットを目指します。

これだけで大丈夫?と思いますが、
番組では、脂肪肝が発見された人も実践。

3週間後、上記の生活改善で
肝臓の脂肪の量は、12%~30%減少したそうです。

睡眠が大事

生活改善は食事、運動、睡眠の三本柱です。

食事と運動はわかるけど睡眠は?と思った方もおられるでしょう。
しかし、ダイエットに睡眠は非常に重要なんだそうです。

実は、睡眠をしっかりとった人と、夜更かしをした人では
よく寝た人のほうが脂肪の消費量が多いそうなんです。

体は起きているときと、寝ているときで消費のモードが変わります。

起きている時は、脳が糖を使うので主に糖がエネルギーになります。
しかし、寝ているときは脳が休み、糖の消費が少なくなるので
脂肪を主にエネルギーとするようになるそうなんです。

寝ている間に、肝臓にたまった脂肪が排出され、
筋肉や心臓に使われていくんですね。

ですので、よく寝ることがとても重要。

注意が必要なのは、睡眠時無呼吸症候群

睡眠時間を十分とっていても、よく寝れていない状態ですので
脂肪も消費されにくく、脂肪肝になる傾向も多いそうです。

改善したいですね。

まとめ

・ダイエットとリバウンドの繰り返しが脂肪肝に
・急激な体重の増減は危険
・ダイエットは1ヶ月に2~3kgまで

ダイエットをはじめて、痩せ始めると嬉しくなりますよね。
そこでハマって急激にやせる人も多いようです。

しかし、痩せると筋肉と代謝が落ちてしまいますので、
エネルギーを使いにくい体になってリバウンド…

これが一番危険なんですね。
「とにかく痩せればいい」という考えを改めましょう。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

-健康
-, , ,

Copyright© TVで知ったスゴワザ情報【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.