テレビを見て知ったスゴイ技、お得な情報を忘備録的にまとめています

美容

脇汗をかきやすい人とかきにくい人との差はある?【この差って?】

更新日:

d5e9908a57f045f0e3376f3016129e24_s

2016年9月18日の”この差って何ですか?”で、
脇汗をかきやすい人とかきやすい人の差」が紹介されました。

汗をかきやすい方だが、脇汗はもっとひどい…
汗ジミが目立って恥ずかしい…
量が多いので臭いも気になる…

汗の悩みで多いのが、脇汗。

それほど暑くもないのに
脇だけビチャビチャになっている人もいますね。

服の色によってはくっきりと目立ってしまい、
困っている人も多いです。

でも、まったく気にならない、
脇汗をかかない人もいます。

脇汗をかきやすい人とかきにくい人の差がわかりましたので、
忘備録としてまとめておきます。

もちろん解決策も紹介されましたよ。

脇汗をかきやすい人とかきにくい人の差とは?

脇汗をかきやすい人とかきにくい人の差は2つあるそうです。

①緊張しやすいかどうか
②3歳までにたくさん汗をかいたかどうか

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

緊張しやすいかどうか

汗をだす器官である汗腺は全身にあります。

とくに、脇には普通の汗腺だけでなく、
アポクリン汗腺という特別な汗腺があるそうです。

このアポクリン汗線というのはフェロモンを出す器官で
緊張すると汗が出るのだそうです。

つまり、緊張しやすい人は通常の汗腺からと
アポクリン汗腺からのダブルで汗をかく
ことになるのです。

3歳までたくさん汗をかいたかどうか

汗腺は生まれた時は全員同じ数なのだそうです。

しかし、3歳までの環境によって活動する汗腺と
衰えてしまう汗腺に分かれるのだそう。

3歳までで、暑い場所にいたり、よく運動して汗をかいた場合、
大きくなってからも活動する汗腺が多くなります。

逆に寒いところで育ったり、あまり運動しなかった場合には、
汗腺が衰えてしまい汗をかきにくくなるのだそう。

日本でいうと北海道と九州や沖縄で育った方を比べてみると
汗のかき方に明らかな差があるのだとか。

さらに、寒いロシアと赤道近くの暑いフィリピンの人を比較すると
約100万個ぐらい汗腺の多さが違ったそうなのです。

ちなみに日本人の平均は約230万個だそうです。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

脇汗をかかなくする方法

皮膚圧反射という体の反応を利用します。
半側発汗法ともいわれます。

これは
体の一部を圧迫すると、その周辺の汗をかかなくなる
という体の反応です。

ただし、体には汗の量を一定に保とうとする働きがありますので、
他の圧迫されていない場所の汗の量が増えます。

脇汗を止めたい場合は、脇の下と乳首から上より3本ぐらいの場所を押さえます。
するとそこから上は汗をかかなくなるのです。

効果は抑えた瞬間から。
一方で腰から下がよく汗をかくようになるそうです。

この方法を利用していると言われているのが舞妓さん。

舞妓さんは帯を高い位置で締めます。
舞妓の高帯と言って、ちょうど脇汗が止まる位置です。

舞妓さんは化粧が落ちると困りますので、
昔から汗を出さない方法として伝わっているのだそうですよ。

この皮膚圧反射を利用した汗止めグッズも市販されています。
気になる方はチェックしてみてくださいね。

個人差があるようですが、汗の量は確実に減るようです。

まとめ

・脇にあるアポクリン汗腺は緊張すると発汗する
・3歳までの環境で汗をかきやすいかどうかが決まる
・汗を止める方法として皮膚圧反射がある

もともと脇の汗腺は汗の出る量が多く、
全身にある通常の汗腺の2倍の汗が出るそうです。

普段の汗はしかたのないことかもしれませんが、
「ここぞ」というときは皮膚圧反射を試してみましょう。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

-美容
-, ,

Copyright© TVで知ったスゴワザ情報【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.