テレビを見て知ったスゴイ技、お得な情報を忘備録的にまとめています

健康

寝ても疲れが取れない原因は?睡眠の質が上がる寝方【この差って?】

投稿日:

8635ec3a52a973fd386d51894647f4a1_s

2016年7月24日の”この差ってなんですか?”で
寝ても疲れが取れない人の差」について放送されました。

睡眠時間は十分取れているのに、
疲れが取れていないって感じることありませんか。

寝たのに疲れていると本当に残念な気持ちになります。

まくらを自分にあったものに変えてみても効果がない。
マットをいいものに変えてみても疲れがとれない。

一方で寝れば疲れはスッキリ取れるという人もいます。
この差ってなんなのでしょうか?

番組をみて、疲れがスッキリ取れる寝方について
学ぶことができましたので、是非実践しようと思います。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

疲労回復のスペシャリスト

教えてくれるのは大阪市立大学疲労医学講座 特任教授で、
東京疲労睡眠クリニックの院長、梶本修身先生。

梶本先生は疲労回復のスペシャリスト。
疲労に関する多くの著作があります。

 

寝る時の体勢に差

十分に寝て、疲れが取れている人と、
取れていない人の差は「寝る時の体勢

寝る時の体勢には
・仰向け
・うつ伏せ
・横向き

がありますが、どの体勢がよいのでしょうか。

最も疲れが取りやすい寝方は

横向き

食生活やストレスで疲れるということもありますが、
最も疲れの原因となるのが「いびき」なのだそう。

主ないびきの原因は、仰向けで寝た時に緩んでしまった
首の筋肉や脂肪が気道を狭くすることによって起こります。

眠っている間にする呼吸は4000回。

いびきをかくほど気道が狭くなっているということは、
細いストローで風船を膨らましているようなものです。

いびきをかくというのことは疲れることなんですね。

つまり、いびきを解消することが
質の良い睡眠を取り戻す一番良い方法と言えるんですね。

 

横向きと仰向きでどれぐらいの差?

仰向けと横向きで寝た時の疲労度の差を測る実験です。

被験者はいびきがひどい20~40代の男性。
疲労度を測定できる特殊な機械で測定します。

この機械の基準値は2.0で、
これを上回ると疲労しているという目安です。

仰向けの場合

まずは仰向けの状態で6時間睡眠をとります。

仰向けの状態を維持するために
腰の両サイドにテニスボールを入れたウエストポーチをつけます。

寝はじめて十分ほどで、被験者たちはすぐいびきをかき始めました。

いびきをかいている時間を計測し、
その合計時間は1時間半から3時間ぐらい。

起床後、疲労度をチェックしてみると
なんと5人全員が寝る前よりも起きた時のほうが疲労度が高いという結果に。

中でも3時間いびきをかいていた人は寝る前の疲労度1.4から、
起床後6.1に疲労度が大きく上がってしまうという驚きの結果となってしまいました。

横向きの場合

実験2日目は横向きで寝ます。

横向きの状態を維持するために
こんどはウエストポーチを腰の前後につけます。

就寝後、驚きの結果が。
横向きの場合、全くいびきが聞こえてきません

朝まで計測してみても
いびきをかいていた時間は0分から40分足らず。

いびきに関して劇的な改善がありました。

そして、疲労度も全員が寝る前よりも下がるという結果に。
さらにはに5人中4人が基準値2.0を下回りました。

横向きで寝るだけで、ずいぶん睡眠がとれた結果になりました。

左右、どちらがベスト?

ウエストポーチは背中側だけでも効果があります。
仰向けにならず、どちらかの方向を向くことになるからです。

ただし、左右どちらがよいかといえば
右を下に寝るのが良い」そうです。

これは胃の向きに関係があります。

胃の出口は右側にありますので、
右を下にすることで胃の出口も下を向きます。

そうすると食べたものがスムーズに流れていき、
消化や便通がよくなり、睡眠の質もあがるそうです。

 

横向きで寝ているのに効果がないひとは?

横向きで右側を下にして寝ていても
疲れが取れていないと感じる人もいるでしょう。

疲れがとれないもうひとつの理由としては、
目覚まし時計で起きているということが考えられるそうです。

目覚まし時計で起きるということは
大きな音で起こされるているということです。

いわば驚かされて起きているということ。

そうすると血圧も上がり心拍も上がって
熟睡感に大きな差がでるのだそうです。

本当に良い起き方は日の出とともに起きること。
つまり光で起きるのが1番良いそうです。

徐々に明るくなっていくのを瞼のうえで感じると
睡眠が深いところからゆっくりと覚醒していきます。

そうすると、血圧も心拍数も上がることなく
ゆっくりと目覚めることができます。

光を取り入れるためにカーテンをあけて寝るとよいでしょう。

カーテンを開けて眠ることが難しい方には
徐々に明るくなる光の目覚まし時計もあります。

是非活用してみてください。



 

まとめ

・寝ても疲れがとれない原因は「いびき」
・横向きに寝ることでいびきが解消される
・できれば音ではなく光で起きる

一番疲れの取れにくい寝方は仰向けだそうです。

ですので、枕を作るときは仰向けではなく。
横向きになった時にしっくりくるものを選ぶのがいいんですね。

ウエストポーチを使うやり方はすぐできるので、
今晩からやってみたいと思います。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

-健康
-, , ,

Copyright© TVで知ったスゴワザ情報【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.