テレビを見て知ったスゴイ技、お得な情報を忘備録的にまとめています

生活

まるで別人に!痩せて見える服のコーディネイト【初耳学】

更新日:

d51d9cf33b9ba6090d488065e01196a8_s

2016年6月26日に放送された”林先生が驚く初耳学”で
痩せて見える究極のコーディネート術」が紹介されました。

服の選び方で、太って見えたり、痩せて見えたり。
どうせならスリムに見られたいですよね。

人間の目の錯覚を利用したコーディネイト術が
とてもおもしろかったので、まとめました。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

痩せて見えるコーディネイト術

バイカラー錯視

痩せて見えるコーディネイトは
バイカラー錯視を利用すると良いそうです。

番組での実験です。

バイカラー錯視をつかったコーディネイトと
何も意識ししないコーディネイト。

どちらが、痩せて見えるか?

なんと、50人中全員がバイカラー錯視の方が痩せて見えると回答しました。
かなり効果のあるコーディネイトと言えます。

バイカラーとは2色のこと。
ツートンカラーも同じ意味です。

下の赤白の画像、白の部分は左右どちらが細く見えるでしょうか?

bicolor

多くの人が、右の縦が強調された画像と答えると思います。
2色の場合、横並びよりも縦を強調するほうが細く見えるのです。

これをどのようにコーディネイトに利用するかというと

bicolor02

上のイラストでは、右の真ん中に白いラインが入ったほうが
細く見えると思います。

このように、タテ線を強調したほうが細く見えるんですね。
逆に、太っている人が太いボーダーの服を着ると、さらに太って見えます。

今、流行りの長いカーディガン。

b88e910e-cb36-4eab-9a53-f4b3e708fe89
via http://zozo.jp/coordinate/

バイカラー錯視を利用した典型的な例ですね。
林先生によるとフィック錯視も利用しているのだとか。

fick-illusion

長さを長くすればするほど、タテ線が強調されるそうです。
タテ線を強調するのがコーディネートの基本なんですね。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

まだある!錯視を利用したコーディネイト

目の錯覚を利用したコーディネイトはまだあります。
番組では紹介されなかった痩せて見えるコーディネイトを紹介します。

ゲシュタルト群化

「近接しているもの同士はひとまとまりになって認識される」というもので、
人間の脳は、細かいところよりも全体を見る癖があるそうです。

そこで、服の色を同系色にすることで、I(アイ)ラインができ、
縦が強調され、痩せて見えるようになります。

6094791_59_D_500
via http://zozo.jp

スカートやストッキング、パンツと靴を同系色に揃えるだけで
足を長く見せることができます。

ミュラーリアー錯視

有名な錯視ですので、一度は見たことがあるのではないでしょうか。

muller-lyer

Vネックの服を着ると痩せて見えるのは、この錯視の効果です。

8b764c55600dc8b9f371f4000d1aa7fd07b29d7f_m
via https://s0.smlycdn.com

また、ハイレグの水着がスタイルがよく見えるのも同じ原理です。
鋭角であればあるほど効果は上がります。

ジャストロー錯視

jastrow-illusion

上の図の上辺はどちらが長いでしょうか。
下の台形の上辺の方が短く見えますが、同じ長さです。

この錯視を利用して、裾の広がったスカートを履くと
スカートから出た足は細く見えます。
腕も袖が広がっている方が細く見えます。

4581868_b_8_500
via http://wear.jp

まとめ

・縦を強調
・同系色でまとめる
・Vネックを使う
・裾は幅広のものを

いつも同じコーディネイトでは飽きますが、
意識するだけでも着痩せ度が違ってくると思います。

それにしても、人間の目は騙されやすことにびっくりです。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

-生活
-, , ,

Copyright© TVで知ったスゴワザ情報【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.