テレビを見て知ったスゴイ技、お得な情報を忘備録的にまとめています

健康

血管若返りで冷え症改善!血管のばしストレッチ【ガッテン】

投稿日:

kekkan-nobashi

2017年2月8日の”ガッテン”は「つら~い冷え症が改善!血管若返り術」が放送されました。

カイロが手放せない…
靴下を二重三重にして寝る…
何をしても効果がない…

冷え症で悩んでいる人って多いですよね。女性の半数は冷え症なんだそうです。

みんなそれぞれに冷え症の対策をされていると思いますが、なかなか改善しなくて諦めているという方も…

しかし、体がつめたくて冷えるだけだと思っていた冷え症が重大な病気の一因となっていたことがわかったそうです。

今回は、そんな危険な冷え症を改善して血管も若返るという方法を知ることができました。

忘れないようにまとめておきます。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

血流に問題

手足が冷たくなる冷え症。まるで、血が通っていないかのよう。

そうなんです。冷え症は血の巡り、血流に問題があることが多いそうです。

人間は血が巡ることによって生きているわけですから、血流に問題があるということは大変なことですよね。

しかも、手足が冷えることによって血流が悪くなり、血流が悪くなることによって血管が老化し、さらに血流が悪くなるという悪循環に陥っているのです。

激しい血圧変動

さらに問題なのが、ただの冷え症ではない危険な冷え症

番組の調査で、冷え症の方のおよそ10人に1人の割合で血圧に問題があることがわかったそうです。

血圧の問題とは、通常では問題のない数値なのに、日常生活の中のちょっとした動きで血圧が激しく変動していたこと。

血圧は正常な人でも変動はありますが、ある一定の範囲内で収まっているそうです。

激しい血圧変動が引き起こす恐ろしい病気は、脳梗塞。脳の細い血管は血圧変動のインパクトを受けやすいのだそう。

冷え症といって甘く見ていてはいけないようです。

危険な冷え性を見分ける方法
①普通に血圧を測る
②一度立って座って、もう一度測る
③2回の測定値(上の値)の差を出す

※10未満:許容範囲 10~15未満は黄色信号
 15以上は赤信号 循環器内科などの受診をお勧めしますとのこと

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

血管をのばすストレッチ

「血管のばし」ストレッチを考案したのは、立命館大学教授の家光素行さん。

血管をのばすことに重点を置いたストレッチだそうです。

番組の検証では、このストレッチを3週間朝晩2回行うことで、冷え症が改善し、血管年齢も若返るという結果を得ることができたそうです。

軽い血圧変動の場合であれば、この血管のばしで改善が期待できます。

ポイントは、呼吸を止めず、どの部位の血管を伸ばすか意識して行うということ。また、痛みを感じない程度に、体重をかけすぎないようにとのこと。

血管若返りストレッチ

①ふとももの血管
太ももの付け根を意識

nobashi01

②ヒザの血管
両手で片方のヒザを押さえて、ヒザの裏を意識

nobashi02

③ふくらはぎの血管
片方の足を立てて、反対の足を軽く開く 両手はヒザの上
体を前に傾け、立てた足のふくらはぎを意識

nobashi03

④ふともも&スネの血管
曲げている足のかかとをお尻に付け、太ももとスネを意識

nobashi04

⑤ふともも(裏側)の血管
太ももを意識

nobashi05

まとめ

・血管の老化による血行不順が冷え症の一因
・大きな血圧変動は脳梗塞のリスクを高める
・血管のばしで血管若返り・冷え症改善

西洋医学的には冷え症は病気でないと考えられてきたようですが、命に関わるリスクを高める可能性があることがわかり、びっくりしました。

血圧変動は簡単に調べられますので、是非、測ってみましょう。

番組の最後には、定期的な運動を取り入れることによって冷え症を改善したという女性が紹介されていました。

運動の習慣がない人は、血管のばしからはじめてみてはいかかでしょうか。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

-健康
-, , ,

Copyright© TVで知ったスゴワザ情報【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.