テレビを見て知ったスゴイ技、お得な情報を忘備録的にまとめています

健康

疲れをとる食べ物はコレ!コンビニでも買える【林修の今でしょ!講座】

更新日:

962c6c986372243370cb05036b5e0660_s

疲れに効く食べ物発見。コンビニでも買えます!

2016年5月3日放送の「林修の今でしょ!講座」で、
疲れを医学的にすっきり解消するという特集がありました。

忙しい毎日で慢性的に疲れを感じている人も多いと思います。

体をそんなに動かしていないのに、
なぜか疲労を感じていることもあるでしょう。

そんな疑問を解決してくれる内容でした。

生活習慣で疲れを解消するポイントも学びましたので
忘れないようにまとめておきます。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

疲れの原因は脳にある?

今回、教えてくださる先生は
大阪市立大学医学部教授の梶本修身先生です。

梶本先生は文部科学省の疲労研究プロジェクトにも
参加された「疲労回復のプロ」。

梶本先生いわく、
ほとんどの人の疲れの正体は「脳の疲れ」だそうです。

そしてそのポイントは「自律神経」

自律神経が体を休めるために、脳に「疲れた」という司令を出すそうです。
これが疲労の正体。

たとえば、風邪を引いた時。
体がだるいと感じるのは、体を動かさないための脳の防御反応。
体を守ろうと強制的に体を休めようとしているそうです。

自律神経を疲れさせる要因

自律神経が疲れる習慣が紹介されました。
ついやってしまうものばかりです。

1 パソコンやスマホの長時間使用

パソコンやスマホはなくてはならないものになりました。
ついつい使いすぎてしまいますよね。

パソコンやスマホから得られる情報は莫大。
自分が意識していなくても、脳は得られた情報を整理したり覚えたりします。
長時間して使用していると、非常に疲れる原因となるそうです。

2 ながら食べ

テレビなどを見ながらお菓子などをつまんだりしてませんか。
ながら食べをすると、自律神経は消化吸収の働きをずっと続けることになります。

3 冷暖房による急激な温度差

現代では、どこへ行っても空調がしっかりと効いています。
しかし、これは体にとっては大きな負担。
人間の体は思っている以上に気温の変化に弱いんです。

梶本先生いわく、「自然界に反する行為は自律神経の負担」だそう。

疲れのサイン

自律神経が疲れているという事は自覚しにくいそうですが、
こんな兆候となって、体にサインをだします。

1.最近暑がり寒がりなってきた
2.最近目がしょぼしょぼする
3.立っているとすぐ壁にもたれてしまう
4.家族の見ているテレビの音量が大きいまたは小さく感じる
5.夜になるとむくみを感じる
6.最近目覚まし時計をかけても起きられない

1つでも当てはまると、自律神経の疲れが溜まっているそうですよ。
3つ4つ当てはまっている人は要注意。

自律神経の乱れが影響するのは、「疲れ」だけではありません。
恐ろしいのは、大きな病気につながることです。

自律神経が弱ってしまうと、血圧の上下や血糖値の調整、
また、血液のコントロールに悪影響がでます。
そして高血圧や心筋梗塞、脳卒中の発症率が高まるという恐ろしい事態に。

自律神経は自分でコントロール出来ないだけに
甘く見ているといけませんね。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

自律神経を整える

疲れに有効な食べ物
脳の疲れに有効な成分が明らかになったそうです
それは「鶏の胸肉」

鶏の胸肉に含まれる抗酸化物質であるイミダゾールジペプチド
疲労に有効なんだそうです。

これは11,000キロも休まず飛行する
渡り鳥の研究から明らかになったそう。

現在は飛ぶことのできない鶏にも遺伝的に
イミダゾールジペプチドが含まれているんだとか。

効果のある食べ方は
1日100g程度、1週間以上毎日食べること

梶本先生の研究では、2週間イミダゾールジペプチドを摂取すると
約75%の人に疲労回復効果が見られたそうです。

イミダゾールジペプチドは熱にも強いので、
胸肉を使用すれば、どんな料理でも大丈夫とのことです。

胸肉ならコンビニで買える「サラダチキン」が最適ですね。
高タンパク低カロリーで疲れもとれるなんて。
なんて素晴らしい!

食事の時間

寝る3時間前までに夕食を食べることが大事。

寝る直前に消化の悪いものを食べると、
吸収と消化を指令する自律神経に負担がかかります

自律神経が働きすぎている状態では、良い睡眠がとれません。

お風呂の温度

お風呂の温度は39℃がベスト。
39℃より熱いと、自律神経にとっては疲れる温度だそう。

熱いお湯に入ると体の疲れが取れたような気がしますが
実は、体は疲れている研究データもあるそうですよ。

同じ理由でサウナもよくないそうです。
疲れているなと自覚があるときには避けたほうがいいですね。

よい睡眠を取る方法

91d290170aa5f4d68a312575a0b74803_s

自律神経の疲れを取る最大のポイントは睡眠。

夕焼け色が眠りを誘う

寝る2時間前から、部屋の明かりをオレンジ色にするとよいそうです。
理由は、夕焼け色がきっかけでとなり体が寝る準備に入るからだそう。

LEDのシーリングライトには調色機能がついたものがありますね。
確かにムーディーな気分で、いい眠りができそうです。

いびき対策

良い睡眠を妨げる原因の一つに「いびき」があります。

「いびき」をかいているということは、
気道が細くなっているということ。

気道が細いと頑張って酸素取り込まなければならないので、
自律神経に負担がかかるそうです。

いびき対策として、横向きで抱き枕を使って寝るのがオススメだそうです。
横向きに寝ると、いびきの量が3割から4割減るんだとか。

自律神経が弱っていると下のコントロールがしにくくなります。
お酒を飲みすぎた時も同じことが起こります。

まとめ

・疲れのほとんどは自律神経の疲れ
・疲れには「鶏の胸肉」
・風呂は熱くし過ぎない
・睡眠準備に夕焼け色
・いびき対策には「横向き抱きまくら」

「疲れた」という司令が脳から出ていたとは驚きです。

忙しいと、その司令を無視してしまうことも
多いので気をつけようと思います。

コンビニにいってサラダチキンを買ってきます(笑)

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

-健康
-, , ,

Copyright© TVで知ったスゴワザ情報【まとめ】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.