テレビを見て知ったスゴイ技、お得な情報を忘備録的にまとめています

教えてもらう前と後

シャンプーの正しい洗い方!理想の長さはどれくらい?【教えてもらう前と後】

投稿日:

スゴワザTV
7月30日に放送された「教えてもらう前と後」で天皇陛下の元御理髪掛のシャンプー法が紹介されたよ!

あいちゃん
間違った洗い方してた

髪のパサつき、広がり、抜け毛、切れ毛…

その悩み、間違ったシャンプーのせいかもしれません。

今回、紹介されたのは「正しいシャンプー法」。

教えてくれたのは天皇陛下の御理髪掛だった大場隆吉さん。

正しいシャンプー法を覚えて、美しい髪を取り戻しましょう!

ス ポ ン サ ー リ ン ク

正しいシャンプー法

大場隆吉さんによると、正しいシャンプー法、正しい洗い方を実践することによって髪の老化を防げるそうです。
 

予洗い

シャンプーする前に大事なのが、予洗い

汚れ落としシャンプーの泡立ちを良くする効果があります。

目安は2分程度。

時間をかけてゆっくりとお湯だけで流します。

お湯の温度も重要。

40℃以上だと、頭皮の炎症の原因にもなるそうです。

ぬるめの38℃ぐらいが適温です。

 

泡立て

シャンプーで洗うときはしっかりと泡立てましょう。

泡の立て方も非常に大事なポイント。

①シャンプーを髪の根元になじませる

②髪を手で持ち上げるように上下に小刻みに揺らす

空気を送ることで、しっかりと泡立ちます。

ゴシゴシとするのは厳禁です。

ス ポ ン サ ー リ ン ク

マッサージ

髪を洗うときはとにかくこすってはダメ。

頭皮をこすらないで、マッサージすることが大切。

①指先を頭皮につけたままこすらない

②桃に触れるくらいのソフトタッチ

柔らかく円を描くように、ジョリジョリと音がしたら駄目です。

シャンプーは2分泡立て、3分マッサージの合計5分が理想の時間です。

 

タオルドライ

シャンプーが終わって、タオルで拭くときも注意。

ゴシゴシと拭いてはだめです。

髪はとにかく摩擦に弱いそうです。

タオルでゴシゴシこすると、髪のキューティクルが傷んでボロボロになります。

その結果、切れ毛や抜け毛になってしまうんですね。

タオルで髪を包み優しくマッサージするように、水分を取りましょう。

 

ドライヤー

最後にドライヤーで乾かします。

乾かす順番は、まず後頭部から

後頭部は髪が最も密集している場所です。

乾きにくいところから、乾かしていきます。

そして、温風で乾かした後は、冷風に切り替えて仕上げです。

冷風は髪のキューティクルを引き締めてくれます。

キューティクルが引き締められると、髪にツヤが戻ってきますよ。

また、自然乾燥はNG

自然乾燥では、乾燥しているようで実は乾燥していません。

雑菌の元になり、痒みや炎症のもとになるそうです。

 

洗髪に関する記事はコチラもご参考に!
髪は毎日洗う?正しい洗い方は?髪に関するQ&A【バイキング】

2016年6月15日のバイキング「夏の髪トラブルSP」では 抜け毛や白髪の悩みについて専門家に意見を聞くという特集がありました。 年間を通じて抜け毛が最も多いのは秋だそうです。 その理由は梅雨から夏の ...

続きを見る

ス ポ ン サ ー リ ン ク

 

シャンプーの正しい洗い方:まとめ

・予洗いをしっかりと
・泡立て2分、マッサージ3分が理想
・とにかくこすらない

あいちゃん
正しい洗い方で全然ちがうんだね

たろうくん
僕もゴシゴシ洗いから卒業しよう

-教えてもらう前と後

おすすめ記事と広告

Copyright© TVで知ったスゴワザ情報【まとめ】 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.